グランドパレスアルティスタ大分中央

フリーダイヤル 0120-947-379

メニュー

強度に優れた、確かな設計・構造。住まう方の安心を追求しました。

※標準貫入試験とは地盤強度を調査する為の試験で63.5kgのおもりを75cmの高さから落下させ、鋼製棒を土中に30cm打ち込むのに要する打撃回数を測定します。その打撃回数の値をN値といい、N値50を基準値として回数が多くなる程その地盤が硬いという事を表します。

Construction
やすらぎを与える、確かな設計と構造。

  • 耐震性に優れた柱部配筋

    地震による水平方向の力に耐えるため、背骨のようにパワフルな縦方向の主筋の周りに、あばら骨のような帯筋を綿密に配置。丁寧な施工で、地震によるせん断力に強い構造柱を実現しています。

  • ダブル配筋で、より強く

    耐震性確保のために望ましいとされているのが、壁の鉄筋を2列にすることです。構造上の主要な壁(界壁)には鉄筋を二重に配置したダブル配筋を採用しています。

  • 最適な「かぶり厚」で耐久性アップ

    鉄筋を覆うコンクリートのことを「かぶり厚」といい、建物の耐久性を大きく左右する重要な部分です。適度な厚みを確保することで、鉄筋を錆びにくくすることができます。

  • 補強筋がひび割れを防止

    窓などの開口部周辺は構造的な応力が集中するため、補強筋を配慮して強度を高め、より安全性を確保しています。

  • 防音性に優れたサッシ

    「グランドパレスアルティスタ大分中央」では、毎日を快適にお過ごしいただけるよう、外部からの音を軽減する防音性に優れたサッシを採用しています。

  • 部屋内の音に配慮した設計

    パイプシャフト内の排水管には遮音シートを巻き付け、遮音性に配慮しました。 その他、洗面室やトイレ、浴室と居室の境壁にはグラスウールを充填するなど、音にも配慮しています。

    遮音性に配慮した設計を施しておりますが、完全な防音ではありません。 施工上、各住戸により遮音性も異なりますので、予めご了承ください。

  • 地盤調査

    住まいの土台となる地盤や基礎には、絶対に妥協は許されません。現地では綿密な地盤調査を行い、基準をクリアした強固な地盤の上に、耐震性に優れた建物を築いています。

  • 耐震ドア

    日常の確かな防犯と地震時のスムーズな脱出を可能にした設計です。地震時に枠が変形しても体重をかければ開けられます。

すっきり広々とした住空間を実現

室内の天井高は、開放感が感じられるゆとりの2,450mm。床はボイドスラブの上に、システムフロア+フローリングの二重床構造を採用。遮音性に優れているので、上下階の音を和らげ、静かな暮らしが実現できます。